なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン 550円」@多万里食堂の写真大宮といえば、ガッツリとしたJ系の人気店「狼煙」さんや「どでん」さん、「ジャンクガレッジ」さん等のボリューミーなお店や、有名店の支店が多い印象があるが、仕事でランチが遅くなり15:00を過ぎると通し営業をしているご当地有名店が少なく凹んでいた所、RDBのマップ検索で良さげなお店を検索!

大宮駅の東口からもそれほど遠くなく、大宮タカシマヤの裏手にある細い路地を進んでいくと、いかにも定食屋さんチックな味のある外観の「多万里食堂」さんを発見(^^)

海の近くにある食堂を彷彿とさせるガラスの引き戸を開けると、案の定それっぽい4人テーブルが並ぶ広めな店内となっており、入店して左側にある食券前売りブース的な窓口で食券を購入してから「お好きな席へどうぞ」なシステムとなっており、当然一択オーダーである「ラーメン」(550円)の食券を購入(^^)

他にも献立は、麺類が塩ラーメン(550円)、ワンタン(600円)、塩バターラーメン・メンマラーメン・ワカメラーメン(各650円)、タンメン・ワンタンメン・もやしラーメン(各700円)、チャンポンメン・五目ラーメン・揚げ焼きそば(各800円)等、多彩なラインナップで、定食や丼モノも有り

50円から各種トッピングやセットメニューもあったが、時間も遅かったので単品ラーメンを心待ちにしていると、それほど時間もかからずに熱々な湯気を立てて雷文模様の小ぶりな丼が着丼

昔ながらのノスらーチックなビジュアルの一杯で、3粒乗ったグリーンピースが印象的! ほんのりとトロみすら感じる熱々のスープは醤油のエッヂ・オイリーさ・鶏中心の動物系の出汁の主張がハッキリしている力強いスープで、後半になっても熱々さはキープされたままの一杯

麺は、この系統のお店だと中太ちじれの中華そばスタイルと思いきや、かるくちじれはあるものの極細と言っても良いくらいのデリケートな細麺が使用されており、熱々のスープの中でコシが失われそうな繊細さ

具材的には、パサつき感もある脂身が少ないチャーシュー・濃いめな味付けのメンマ・広く長めにカットされたなると・海苔・グリーンピース・長葱の小口切りと、いかにもノスらーチックなラインナップ

卓上調味料には、醤油・ラー油・酢の餃子セットとコショウが並んでおり、入店してすぐにある簾には、団扇と共に「ビンのコカ・コーラあります」「冷しつけ麺¥700始めました」等のお知らせが、近づきつつある夏の終わりを感じさせる(+o+)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。