なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけそば(880円)」@中華そば 四つ葉の写真四つ葉さんだけの遠征。その2。

昼間に看板メニューを頂いて美味しかったので夜営業も伺いました。

川越のお菓子横丁などでサツマイモ素材のスイーツやコエドビールなど飲み食いし、夜営業開始前に再びバスに乗りこちらへ。

シャッターズ。2番目。

オーダーは掲題のモノ。つけ麵一杯分くらいしか入らないのでサイドメニューのオーダーはなし。

昼と夜では握りメニューが変わるのか分かりませんが、PPの人は大トロの握りとラーメンをオーダーしていました。

時間通りに夜営業開始。右側の店舗のカウンター手前から2番目。

スタッフ厨房に男性4人。昼と夜で入れ替わっているようです。

しばらくするとモノが登場。

まずは麺から。

麺はおそらく同じ村上朝日製麺だろうと思われる。縮れ太麺。

茹で加減、〆加減、〆温度よく、麺のコンディションは良好。

モッチリとコシが楽しめます。

太麺だけに小麦の香りも素晴らしく、奥歯で擂り潰すように咀嚼するとふんわりと小麦の甘さも感じられる。

続いてつけダレ。

いわゆる豚骨魚介。手鍋でしっかりと温めてからの提供の為、つけダレが熱々。

トンコツの乳化具合はまずまずだが、節系がやや多めでこちらの主張が強し。

つけダレは動物系素材の乳化具合によるドロドロではなく、ヤサイの繊維質に魚粉の粉末がザラザラ。

豚骨魚介にありがちな甘味はほとんどなく、野菜由来の自然な甘味。

カエシはあまり効いておらず、後味で生姜を効かせている少し変わったつけダレ。

四つ葉さんならではのベジポタとでも言って良いのでしょうね。

粘度があるため麺との絡み具合は良いですが、正直、オイラはオーソドックスな豚骨魚介の方が好きですね。

具材は麺の上にチャーシュー2種、メンマ、のり、三つ葉。つけダレの中に刻み玉ねぎ。

豚のレアチャーシューは大判のモノで火入れ、味入れ、カットが完璧に近い。

大判になればなるほどこれらが揃う事は難しく、技術力の高さを伺い知ることが出来ます。

鶏チャーシューもしっとりしていて厚みを持たせたカット。

ジューシーですごく美味い。



カウンターにポットが置いてあり、スープ割りをして完食完飲。

うーん。こちらはやっぱりラーメンですかね、、、。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。