なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(オーション麺・にんにく)¥780+生卵¥70」@ラーメン ジライヤの写真初訪問。

特に行きたい店でもなかったのだが、ある方に何度もオヌヌメされたので一度行ったみることにした。

日曜日午後1時、店横の駐車場に車を停めて、店前にデカデカとそびえ立つ緑地に黄色い字で店名が書かれた看板を撮影してから入店。

ここは券売機がなく少し変わった食券制のお店なので、一見客にはかなり分かりづらい。
入口真正面のテーブルに細長いプラ製の食券が幾つかの食券立ての中にメニューごとに立ててあり、そこのプラ券を持ってからカウンター席に座って先会計というスタイルなのだ。

食券選択の際にラーメンは麺量(普通か大盛)と麺の種類を決めねばならない。
普通麺とオーション麺があるのだが、ワシは迷わずオーション麺の麺量250グラムの食券を手に取った。

ここで暫し考える。

うーん。
まぜそばも食べてみたい。

前橋から40キロで下道50分と思ったより早くは着いたのだが、果たして再訪する機会はあるのか。
まぜそばは麺量300グラムであり、合わせて550グラムだとワシの許容量を超える。
しかし、両方とも麺量を減らして申告すれば、一度に食えるのではないのか。

そして意を決し、人生初のラーメン&まぜそば同時食いにチャレンジすることにして、まぜそばの食券も手に取って、中待ち2名に接続した。

店主さんと助手1名によるオペ。
変則的な会計システムのため回転率は悪い。
居抜き店なので店内は広いが、あまり綺麗ではない。
客層はガテン系をメインにラヲタや家族連れが混じるという印象。

何か客との些細なトラブルが起こる度に店主と助手がいちいち厨房奥に消えて秘密会議を開催してから客に対応していた。

10分程で助手から案内があり、カウンター席へと移動。
食券回収&会計の際に細々とオーダー内容を助手から訊かれるスタイル。
スープは醤油、豚はロング、コールはニンニク、麺量はそれぞれ200グラム、そして口頭オーダーの生卵をお願いすると、助手が手持ちのホワイトボードにオーダー内容を記載していた。

お会計¥1,730也。

入店から23分後、表記写真の一杯が着丼。

先ずはスープをひと口。
あーこれはダメだな。と瞬時に察知。
一度渋川のほしので味薄めでオーダーした際のペラいスープと同じ味だった。
この店の売りらしい極太オーション麺も見た目食感ともにほしのと同じ。
豚はインパクトだけの代物で味の抜けたバラ肉。
野菜は量が多いだけのモヤシ。
生卵は相場より20円高いが、普通の生卵だった。

スープに塩や味噌があったり、限定メニューだけではなく、常識ではあり得ないような極太麺や超幅広麺などを提供して耳目を集めようとすること全てに合点がいく代物だわ。

てか、麺量が明らかに200グラムに減量されていないジャマイカ。
たった50グラムでガタガタ言うなと思うなかれ。
ワシはこの後、まぜそばも食べなくちゃならんのだよ、諸君。

もう嫌な予感しかしない。

そして、不満と不安を感じながらも麺と豚を半分ほど食べたところで、まぜそばが着丼したのでR。


以下、次レビューにつづく。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

オット!行かれましたね!それも店内の連食とは恐れ入りました。
味薄かったですか!そういえばもう2年以上も前だったのでうろ覚えでした。
肉が半端なかったので気に入っていただけるかと思ってましたが。
今度訪問してみます!

昭和のBecky! | 2019年10月13日 19:00

こんばんは。

スープはかなりペラいですね。
豚も開店当初とは別物なのかもしれません。
是非再訪して確認してみて下さい。

不死身のてっちん♂ | 2019年10月13日 20:53

初めて行って、自分の希望で2杯も頼んで、出て来た量に文句言って、残すとか失礼極まりない食べ方ですね。

もっさん | 2019年10月15日 20:05

ステ垢でコメするお前ほど失礼極まりなくもねーけど?
そもそもオーダー通りに出せば不味くても完食したしな。

不死身のてっちん♂ | 2019年10月15日 21:25