なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

またぞう

男性 - 埼玉県

近年は、以前の様に食べる事が出来なくなり3連食や二郎系のお店はご無沙汰してますが、これからもマイペースでラー食を楽しみたいと思ってます。

平均点 75.285点
最終レビュー日 2019年8月24日
2,892 2,307 0 4,466
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚骨醤油らーめん 「700円」」@横浜家系ラーメン やまふじ家 野田店の写真先日、千葉県の野田市に家系の新店がオープンしたので訪れてみました。 
オープンから4日間は看板メニューの豚骨醤油らーめん(700円)が500円で頂く事が出来るサービス期間中なので混み合うと判断して、サービス期間終了後に訪問。 
お店に入ると正面に券売機が有りました。 
メニューを見ると煮干しらーめん(780円)のボタンが有ったので、購入しようとしましたが赤い✖が点灯してる事に気付き断念。 
矢張り、ここは看板メニューを頂きましょうと主題のボタンをプッシュしてカウンター席へ。 
そして、麺の硬さ・鯵の濃さ・油の量は全て普通と言葉を添えて店員さんに食券を手渡し。 
尚、店内は広くカウンター席とテーブル席を備えた造りです。 

ラーメンは、約10分程待つと出来上がって来ました。 
そのスープの表面は油で覆われてるため湯気が見えません。 
そのスープの中にレンゲを差し込み油の下のスープを拾う様に掬い飲んでみると塩味が効いた仕上がりです。 
スープの熱さは思っていたほど熱々ではなく、火傷の心配はいらに様ですね。 
豚骨風味の出汁で滑らかさも有り、優しい出来栄えで中々美味しいです。 
麺は、ストレートの中太でチョイ硬の茹で加減。 
家系らしく短い麺ですが、形状は楕円形ではありません。 
食べると弾力があり、私の好みから言えば柔らかめをお願いした方が好かったかも知れませんね。 
具材は、長さ約10センチのチャーシュー2枚・海苔・ほうれん草・ウズラの玉子・刻みネギで、海苔はスープに浸してから麺を包み美味しく頂きました。        
ご馳走様。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「唐揚げセット 「880円」」@元祖博多中洲屋台ラーメン 一竜 野田山崎店の写真以前、横浜家系ラーメン 壱角家 野田山崎店が営業していた店舗後に元祖博多中洲屋台ラーメン 一竜 野田山崎店が入った事を知り、訪問してみました。    
午前11時30分頃に店舗敷地内に有る比較的広い駐車場に車を停めて入店。 
お店に入ると左側に券売機が有ったので、主題の食券を購入してカウンター席へ座りました。 
そして、店員さんへ食券を渡すと麺の好みを聞かれたので並硬をお願いしました。 

ラーメンは程なくすると出来上がり、運ばれて来たので卓上に備え付けられた紅生姜を加えます。 
そして、スープを見ると表面に薄っすらと脂膜が張ってますよ。 
冷凍スープではなく、ガラから作ったスープの証ですね。   
早速そのスープを飲んでみると豚骨の円やかな喉越しで中々美味しいです。   
又、カエシは塩味と甘味のバランスを考えた秘伝配合の品との事で、豚骨に合った味に仕上がってます。
麺は、極細のストレートで注文通りの並硬。 
しかし、食べてみると豚骨スープの麺にしては少し柔らかい様に感じました。 
自分で並硬を選択したのですが、硬めの方が好かったですね。 
具材は、長さ約7センチのチャーシュー2枚・木耳・ネギで、チャーは薄切りでしたが木耳はコリコリとした歯応えで、美味しく頂く事が出来ました。      
ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「九州とんこつ半熟味玉らあめん(ちじれ麺) 「790円」」@九州らあめん どん きさろく 八柱店の写真(2/2食目)    

当日の2杯目は此方で頂きました。 
昼の12時50分頃に入店し券売機で主題の食券を購入して、カウンター席に着座。 
そして、食券を目の前の高台に置くと店員さんが『麺は、細麺とチジレ麺が有りますが何方が宜しいですか』と聞いて来たので後者を選択。 
又、味付けの好みも指定することが出来る様ですが、初めてのお店で其方は普通でお願しました。 
尚、当日の入り状況は先客が3名で後客は2名です。 

ラーメンは程なくすると出来上がり、着丼したので早速何時もの通りスープから頂いてみましょう。 
背脂が浮いたスープをレンゲで掬い啜ってみると以外にあっさりとした口当たりです。 
表面がラードで覆われ背脂も入っているのでギトギトとしたスープかと思いましたが違ってました。 
カエシもそれ程強くはなく、豚骨出汁と程好いバランスの仕上がりで好い塩梅ですね。 
麺は、チジレが付いた中細でチョイ硬の茹で加減。 
食べると弾力がある歯応えで、スープの絡みも好く中々美味しいですね。 
具材は、長さ約10センチのチャーシュー1枚・味玉1個・木耳・小ネギです。 
チャーは、薄っすらと炙られた品で表面はほんのりとした香ばしさを感じますが、食べるとトロトロで柔らかく、美味しく頂く事が出来ました。    
ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「にぼしそば 「750円」」@麺屋 弥栄の写真(1/2食目)    

松戸に美味しい煮干スープのお店が在ると聞き付けて、先日訪れてみました。 
新京成線のみのり台駅からマップを頼りに通りの道から砂利道へ入り、お店が在ると思われる建物の前に着きましたがお店の看板が有りません。 
建物自体もお店ではなく一般住宅なので、周辺を探すと店名が入った暖簾を下げたお店を発見(RDBのマップ修正済み)。 
入店すると右側に券売機が有ったので、基本メニューの「にぼしそば」のボタンをプッシュして、厨房が横から眺める事が出来る入り口側のカウンター席に着座。 
店舗の奥に目を向けると其処には色々な煮干しの段ボール箱が置かれてます。    
お店は、厨房に居る店主さんと思われる方の一人体制のようです。
その厨房には、大きな寸胴が有りますが、その寸胴からではなく高台側に並べた容器からタレや出汁を小鍋に移し替えてます。  
又、調味料でしょうか白い粒子状の品も投入してますね。 
尚、当日の入り状況は先客が5名で後客は4名でした。  

ラーメンは、10分程待つと出来上がり目の前の高台に着丼しました。 
引き下ろして、器の中を見ると2種類のチャーシューが目を惹きます。 
早速、スープを飲んでみるとエグミはそれ程感じませんが濃いめに感じる仕上がりで、中々美味しいです。 
又、塩加減は煮干しにしては弱い出来栄えでした。 
麺は、中細のストレートで菅野製麺の品との事。  
気持ち硬めの茹で加減で、程よい歯応えを感じる麺です。 
スープとの相性も好く、麺も中々美味しいですね。 
具材は、長さ約10センチのチャーシュー2枚・麩・ほうれん草・岩海苔・紫玉ネギで、チャーは鶏と豚の2種類入っており、何方も程よい歯応えで美味しく頂きことが出来ました。        
ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナらーめん 「600円」」@正喜らーめんの写真(2/2食目)    

当日の2杯目は此方で頂きました。 
店舗横の空きスペースに車を停めて、午前11時40分頃に入店。 
そして、壁に張り出されたメニューを見ると450円の「らーめん」を始め皆安いです。 
私は、その中から「スタミナらーめん」を選んで口頭で注文しました。 
尚、当日の入り状況は先客が2組3名で後客は1名です。 

ラーメンは、注文してから約8分ほど経つと出来上り運ばれてみました。 
見ると茨城や埼玉のスタミナと違い餡かけでは有りません。 
そのスープを飲んでみるとピリ辛風味の醤油仕上げです。 
その醤油の中に微かに味噌の風味を感じるのは、私が鈍舌のためでしょうか。 
麺は、チジレが付いた中細です。 
茹で加減は並硬で、ネチッとした歯応えが中々美味しい麺です。 
具材は、豚コマ肉・ニラ・人参で、程好い歯応えの豚肉が沢山入っており、当日2杯目という事もあり満腹になって、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン 「842円」」@横浜家系ラーメン 横浜道 野田蕃昌店の写真(1/2食目)    

今回訪れたお店は、千葉県野田市の国道16号線沿いに新規開店した此方です。 
此方のお店の他に建物にはハンバーグ店とコンビニが入っており、駐車場は3店舗の共同ですね。 
その駐車場に午前11時10分頃に到着して、お店に入店。 
券売機は無く、店員さんに案内されたカウンター席に座りました。 
目の前は厨房ですが、高台には視界を遮る仕切りが有り厨房の様子は見る事が出来ません。 
尚、当日の入り状況は先客が3組4名で後客は約20名でした。  

私が注文したメニューは「味玉ラーメン」で、スープや麺の好みは全て並でお願いしました。  
ラーメンは席に着いてから約8分程で出来上がり運ばれて来ました。 
早速、スープを飲んでみると円やかな仕上がりです。 
家系にしては塩気が弱く、パンチ不足の感じを受ける出来栄え。 
麺は、軽いウエーブが付いた中太で硬めの茹で加減。 
モゾッとした食感が有り私には少し硬過ぎる仕上がりで、麺はヤワメで注文した方が好かったようです。
具材は、直径約7センチのチャーシュー1枚・味玉1個・ウズラの玉子1個・海苔3枚・ほうれん草で、家系にしては海苔が小さい一杯でした。      
ご馳走様。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「あっさり鶏ガラ醤油ラーメン+味玉 「580円+100円」」@横浜家系ラーメン せんげん家の写真(2/2食目)    

当日の2杯目は此方で頂きました。 
昼の12時頃に入店して、入り口を入った右側に設置された券売機ボタンのメニューを確認。
そのメニューを見ると家系のお店ですが、あっさり鶏ガラのスープも提供していたので其方のボタンをプッシュ。 
そして、カウンター席に座りお水を持って来た店員さんへ食券を渡すと『ライスお付けしますか』と聞かれました。 
私は辞退しましたが、家系なので殆んどの客はライスを食べてましたね。 
尚、当日の入り状況は先客が8名で後客は5組7名です。 

ラーメンは約6分程待つと出来上がり運ばれて来たので、早速スープから飲んでます。 
レンゲで掬い啜ってみると醤油のカエシがハッキリ感じる仕上がりです。 
出汁は、私の鈍舌では感知出来ず、カエシが幅を効かせた出来栄えです。  
麺は、此方で提供してる看板メニューの家系ラーメンとは麺が違う様で、軽いウエーブが付いた中細でした。 
茹で加減は、気持ち硬めでボソッとした歯応えが有り、カエシが濃いめに感じます。 
具材は、長さ約9センチのチャーシュー1枚・味玉1個・海苔・メンマ・ナルト・ほうれん草で、チャーは柔らかく美味しく頂く事が出来ました。     
ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー中華+飲み物 「550円+サービス」」@中華三平の写真(1/2食目)    

今回は約2ヵ月ぶりに千葉県我孫子市でラーメンを食べて来ました。 
我孫子駅の南口に有るCPに車を停めて始めに向かったお店は此方です。 
午前11時30分頃に入店し、席に着くと目的のカレー中華を口頭で注文しました。 
程なくするとラーメンが出来上がり着丼。 
その際、店員さんが『コーヒーかお茶の飲み物が付きますが何方が宜しいですか』と聞いて来ました。
私は、コーヒーは飲まないのでお茶をお願いすると温かいお茶と冷たいお茶が有るとの事。 
これから辛いと思われるカレーを頂くので、冷たいお茶を選択。 

程なくするとカレーの香りを振り撒きながらカレー中華が着丼したので、スープを軽くレンゲで混ぜてルーを拡散。
そして、飲んでみると素朴なカレーの風味が美味しく感じる仕上がりです。 
辛さもピリ辛で程好く、私好みの出来栄えです。 
麺は、軽いウエーブが付いた中細です。 
茹で加減は並硬でスープの絡みも好く、カレーの旨味を良く拾います。 
具材は、豚肉・ナルト・メンマ・ジャガイモ・人参・ニラ・インゲン・刻みネギです。  
殆んどの具材は器の底に沈んでいたので、麺を食べ終わった後にカレーの風味を感じながらレンゲで掬って頂きました。     
ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「清湯らーめん(チャーシューのせ) 「650円」」@らーめん流星の写真千葉県柏市の公設市場内に此方のラーメン屋さんが営業してる事を知り、訪れてみました。 
昼の12時頃に市場内の駐車場に車を停めて、お店に向かうと店舗前に【11月のらーめん 油そば500円】の表示が出てました。 
こちらのお店では、レギュラーメニューの他に月毎に限定メニューを提供しているのでしょうか。 
店内に券売機が有ったので、メニューを見ると清湯らーめん・白湯らーめん・台湾らーめん等が有りました。 
その中から私は主題メニューの食券を購入してカウンター席に着座。 
尚、当日の入り状況は先客は無く後客が2名です。 

ラーメンは、食券を高台に置いてから約6分程で出来上がり出来上って来ました。 
早速、スープを飲んでみると豚骨出汁の風味を程好く感じて美味しいです。 
カエシはそれほど強くなく、出汁とのバランスも好い仕上がりで、揚げネギの風味が旨味を増すてる様ですね。 
麺は、ストレートの細い品で並硬の茹で加減。 
食べるとネチッとした食感で、スープの絡みも好く麺も美味しいです。 
具材は、直径約7センチのチャーシュー3枚・海苔・メンマ・カイワレ・白髪ネギです。 
チャーは歯応え有る品で、穂先メンマがコリッとした歯応えで美味しく頂く事が出来ました。   
ご馳走様。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌バターラーメン 「650円」」@札幌ラーメン どさん子 関宿店の写真この日は、茨城県境町の食堂を尋ねましたが、ラーメンのスープが出来上がってないので食べらる事が出来ず、流山街道沿いに在る此方に立ち寄りました。 
店舗前のスペースに車を停めて昼の12時30分頃、年季が入った店舗に入店。 
そして、カウンター席に座り、店内に張り出されていたメニューから首題を選び、口頭で注文しました。
尚、当日の入り状況は先客が3名で後客は1名です。 

ラーメンは、注文してから7~8分経った頃に出来上がって来たので何時もの通り、スープから頂いてみましょう。 
黒胡麻と七味が浮いたスープを飲んでみると味噌の風味が程好く感じる仕上がりです。 
辛さは殆ど感じず私的にはもう少し辛味が付いた方が好い様に感じました。 
麺は、ストレートの中細で気持ちヤワメの茹で加減。 
黄色身を帯びた麺で、食べるとネチッとしており悪い食感ではありません。 
具材は、モヤシ・ワカメ・メンマ・コーン・バター・刻みネギで、スープに溶け出したバターが円やかで美味しく感じました。     
ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件